成人式で写真館を利用してみよう

振袖

成人の日やその前後(地域によってはお盆時期など)に市区町村で行われる成人式には振袖や袴など和服での出席がやはり多いです。 振袖などは呉服屋で購入する他、レンタル、母親の振袖を使うなどの準備が必要です。 その際当日は朝早くから着付け師にお願いしたり、美容室などで着付け・化粧・ヘアメイクをし、成人式などに参加するなどとても大忙しの一日となります。
美容室の他、写真館でも着付けや記念撮影を行っています。 記念写真は成人式当日ではなく、前撮りや後撮りをする方が多いようです。

私の場合・・・

私も〇〇年前に成人式の写真は写真館で前撮り撮影をしました。
母の振袖があったのですが、それは当日に知り合いの方に着付けをしてもらい、 事前に(確か11月)に前撮りをしました。 衣装もたくさんある中から選べたので、とても楽しかったですよ。

豆知識・成人式

"おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます"という趣旨のもと成人の日が制定されました。
昨今は成人式に暴れる新成人がTVなどで取り上げられていますが、やはり女の子たちはかわいい振袖を着ています。 出席率向上のため・雪などで晴れ着が汚れないようにとの理由で、成人式は成人の日、またはその前後や、ゴールデンウィーク・お盆などに行う市町村もあるようです。 成人式には女性は振袖を着用することが多いです。男性はスーツが多く、一部は袴などの着物姿も見られます。 振袖は未婚の女性が着る袖の袂(たもと)が長い和服のことです。成人式出席のために購入・レンタルすることが多いようです。

このページの先頭へ