遺影写真を生前から準備する方が増えています

一昔前ですと生前に遺影写真を準備するなんて「縁起が悪い」と思われていました。
しかし最近では、生前に遺影を撮影する方が増えてきています。 準備をしておくことで、残された家族に負担がかからないように、自分らしい遺影写真にすることで最期のお別れを演出したいと考える方が増えているそうです。

多くの写真館では写真館では、遺影写真もカメラマンに撮ってもらうことができます。
その他、カメラマンに出張してもらい、自宅や思い出の場所で撮影するというのも多いようです。自慢のお庭を背景に、綺麗な海岸を背景になど、その人の生き方がわかるようで素敵ですね。

遺影写真についてはこちらが便利です。→遺影写真

ちなみに・・・

従来、遺影写真は着物を着たモノクロのものを用い、額は漆塗りの黒が多かったのですが、冷たい印象を与えるなどの理由により、カラー写真が用いられ額も自由に選択できるなど 故人の雰囲気に合わせることが増えました。

また海外では葬儀の際、棺を開けておくことが多いため、遺影写真を葬儀の中心に据える日本のような習慣は一般的ではないようです。

このページの先頭へ